施設野菜における有用微生物の処理技術の開発

施設野菜における有用微生物の処理技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
研究対象イチゴ
概要目的:県内の主要野菜品目であるトマト、イチゴ、キュウリについて、生物農薬の処理技術の開発を行う。特に、県で開発中の暖房機ダクトを利用した省力散布法について、さらに技術確立、実証を進める。 計画: 1.有用微生物の特性把握と灰色かび病に対する有効処理条件の探索。2.現場における実用化技術の開発 3.他の病害虫への適応性の検討  得られた成果:本技術は企業と共同で「農薬の散布方法」に関する特許出願を行なった(H12.4)。また、ボトキラー水和剤のダクト散布法は、野菜類、シクラメンの灰色かび病に適用拡大された(H15.10)
研究分担環境部
戦略環境
予算区分国庫補助(農林水産省)
専門病害
部門野菜
業績(1)植物生育促進菌類Fusarium equiseti と生分解性ポットを利用した土耕栽培でのトマト根腐萎凋病の防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030098703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat