卵用種鶏の改良研究

卵用種鶏の改良研究

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜
年度2003
研究対象
概要卵の生食は日本固有の食文化であり、テーブルエッグ(食卓卵)は見た目にきれいなこだわりの卵として赤玉卵の需要が伸びている。組合せ検定により国産赤玉鶏の開発を行っているが、組合せ鶏作出の素となる原種鶏については、岐阜県が保有する赤玉基礎系統として産卵性向上を目指して育種改良を推進している。平成13年度鶏及び平成14年度鶏における組合せ検定成績から、48×47鶏はテーブルエッグ向け高品質国産赤玉鶏であることが判明した。平成16年度以降は試験研究課題の組み替えを行い、より能力の高いスーパー赤玉実用鶏の開発研究を行うため、系統の産卵性調査研究を推進する。
研究分担養鶏研究部
戦略畜産
予算区分国庫補助(農林水産省)
専門育種
部門
業績(1)赤玉基礎系統の成績について
(2)高品質国産赤玉鶏の研究開発
(3)高品質国産赤玉鶏の開発
(4)赤玉基礎系統の改良研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030098762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat