果樹の樹体栄養測定法の確立とそれに基づく高品質、安定多収技術

果樹の樹体栄養測定法の確立とそれに基づく高品質、安定多収技術

県名静岡県
研究機関名静岡県柑橘試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象ウンシュウミカン
概要ウンシュウミカンの生産性に関連の強い樹体栄養の簡易診断手法の確立と安定生産管理指針の作成および簡易栄養診断キットの開発 ・冬季樹体内炭水化物と生産性の関連を明らかにし、安定生産のための診断基準を作成する。 ・診断基準に基づき、それぞれの樹体養分レベルに 適したせん定、施肥、摘果等の栽培管理法を確立する。
研究分担栄養研
戦略園芸
予算区分新技術
専門土壌肥料
部門果樹
業績(1)ウンシュウミカンの根中デンプン含有率を測定するための携帯簡易分析セットの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030098936
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat