水田高度輪作技術の確立

水田高度輪作技術の確立

県名愛知県
研究機関名愛知県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象大豆
概要10a当たり300kg取りを目指した大豆の多収穫技術の開発と、これを組み合わせた輪作体系をつくる。大豆の低収要因を解明し、土壌改良剤投入効果、施肥技術、フタスジヒメハムシ防除、生育期の心土破砕を組み合わせた多収栽培技術をの確立と体系化を行った。
研究分担作物
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門栽培生理
部門大豆
業績(1)愛知県の輪換畑ダイズ栽培における子実損失の実態
(2)中耕時の被覆尿素追肥及び心土破砕がダイズ根粒及び根茎に及ぼす影響
(3)西三河沖積地帯におけるダイズ品種「フクユタカ」の低収要因
(4)ダイズ栽培における簡易な摘芯技術の開発
(5)施肥窒素がダイズの生育と根粒着生に及ぼす影響
(6)ダイズの種子調質による出芽改善の効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099074
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat