飼料イネに対応した省力的生産・調製・利用技術の確立

飼料イネに対応した省力的生産・調製・利用技術の確立

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター畜産研究部
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象水稲・肉、乳用牛
概要 飼料イネに適した品種の選定から家畜堆肥を有効に利用した低コスト栽培技術、省力的収穫調製技術、さらに家畜への給与技術までの一貫した技術を開発し各技術のシステム化を図る。さらに、統合した技術を地域営農の中に組み入れるための、飼料イネ導入計画支援システムを構築することを目的とする。本研究は耕種部門と畜産部門の連携により実施するものであり、個々の技術開発が転作作物としての飼料イネの導入に役立つだけでなく、各技術を統合することにより水田地帯における稲作経営および畜産経営の安定化と水田の高度利用に役立てようとするものである。なお、本研究の最終目標は、飼料イネを基軸とした耕畜連携による水田を有効に利用した営農システムを確立することにある。
研究分担大家畜グループ
戦略畜産
予算区分特定
専門飼養管理
部門
業績(1)飼料イネ給与牛の尿中成分排泄量を推定するインデックスとしてのクレアチニンの有効性
(2)稲発酵粗飼料の子実消化性に及ぼす粗飼料由来繊維の影響
(3)飼料イネサイレージ調製におけるFJLB添加の実用性の検証
(4)自走式飼料イネ用収穫調製機械の効率的作業法
(5)飼料イネのロールベールサイレージ体系の現状と展望
(6)飼料イネ用ロールベーラーのライ麦、大麦、ライ小麦への適応性
(7)飼料イネ用小型ロールベーラーの開発
(8)飼料イネ用ロールベーラーで調製した麦類ホールクロップサイレージの飼料特性および牛における採食性
(9)飼料イネβ-カロチン含量の低減化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099323
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat