4環境保全的堆肥施用飼料作物栽培技術試験 (3)メタン発酵残さ(消化液)が飼料作物の生育および環境負荷量に及ぼす影響

4環境保全的堆肥施用飼料作物栽培技術試験 (3)メタン発酵残さ(消化液)が飼料作物の生育および環境負荷量に及ぼす影響

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業総合センター畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
研究対象共通
概要 家畜ふん尿は、堆肥化の他に有機資源の有効利用の観点からメタン発酵によるエネルギー回収が検討され、発酵技術は実用化されている。しかし、発酵後の残さである消化液の処理については課題が残り、メタン発酵施設の普及の障害になっている。 消化液には窒素、リン酸、カリウム等の肥料成分が含まれ、液肥として活用するのが最も効率的であると考えられる。そこで、簡易ライシメーター(容量約1m3)を用い、消化液の肥料的効果および環境負荷量の変動を調査し、適正施用技術の確立を図る。 乳用牛ふん尿を主体とした高温メタン発酵施設から出る消化液の肥料成分は窒素の約半分がアンモニア態窒素で、残りは有機態窒素と考えられる。リン、マグネシウム、カルシウムの含有率は低く、カリウムは高かった。 イタリアンライグラス10a当たりの肥料成分施用量は、消化液中のアンモニア態窒素を基準としたため、化学肥料と比べて窒素が約2倍、カリウムが約3倍と多く、リンは少なかった。 消化液施用区の作物収量、作物の窒素吸収量、溶脱窒素量、溶脱窒素濃度は化学肥料施用区とほぼ同程度であった。 栽培期間中の地下浸透水中硝酸態窒素平均濃度は消化液施用区でやや高かったが、無施用区を差し引いた濃度は10mg/Lを下回り、地下水汚染の可能性は低かった。 カリウムは過剰施用となるが、作物吸収量、溶脱カリウム量ともに化学肥料施用区より少なく、多くは土壌に残存すると思われる。
研究分担バイテク環境担当
戦略畜産、環境
予算区分県単
専門環境
部門共通
業績(1)メタン発酵残さ(消化液)のイタリアンライグラスへの肥料効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat