京都府における地域営農推進事業による所得及び担い手構造の変動要因の解明

京都府における地域営農推進事業による所得及び担い手構造の変動要因の解明

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜15
年度2003
概要府が実施した地域営農施策による地域の変化の状況を調査し、要因解明する。〈研究内容〉 地域における水田維持方策として受託組合集積型と大規模稲作経営農家集積型の2タイプを想定し、府が講じた地域農場づくり事業による変化を調査分析した。高所得経営を展開しつつ水田を守るには、農地の集積と機械保有の削減など効率的稲作の実施が必要。
研究分担企画経営
戦略農山漁村
予算区分府単
専門経営
部門共通
業績(1)京都府内の「集落型農業法人」の現状と課題
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099445
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat