伝統野菜の高生産性品種の育成と保存(1)万願寺とうがらし新系統MDH12-33の安定生産技術の確立

伝統野菜の高生産性品種の育成と保存(1)万願寺とうがらし新系統MDH12-33の安定生産技術の確立

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H15〜16
年度2003
研究対象トウガラシ
概要「ベルマサリ」台木の利用や夏季における遮光及び適正な肥培管理などによって草勢の向上を図る。 <研究内容> (1)「ベルマサリ」台に接いだ苗を株間30cmでV字型主枝2本仕立てで栽培したところ、約1.5t/10aの秀品収量が得られ、在来系統を70%上回った。(2)7月から10%の遮光処理をしたところ草勢が低下し、18%減収した。(3)養液栽培で窒素施用量を約25kg/10aとしたところ上果収量は1.8t/10aで、窒素施用量を半量の12.5kg/10aにすると収量も半減した。しかし、秀品率は窒素施用量の多少に関わらず約70%であった。
研究分担野菜
戦略園芸
予算区分 府単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099469
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat