複合防護柵の評価・検証と野生獣の動態把握

複合防護柵の評価・検証と野生獣の動態把握

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
概要猿害対策用防護柵「猿落君」をベースに複数の獣種に対応できる防護柵を評価・検証し、獣害から守りやすい農作物栽培技術を開発されるとともに、サル等の動態把握により、地域あげての取り組み体制を構築し、中山間地域の農業生産の安定と地域の活性化を図る。〈研究内容〉猿落君を設置した農家の評価は高かったが、過疎が進み追い払いの実施が難しい地域では時間稼ぎとしての防護柵では効果が薄い。地域における猿害発生メカニズムを解明し、その地域の特性を踏まえた被害対策技術の開発が必要と考える。
研究分担環境
戦略環境
予算区分国庫補助
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030099484
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat