DNA解析を応用した家畜育種実用化試験

DNA解析を応用した家畜育種実用化試験

県名島根県
研究機関名島根県立畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H10〜19
年度2003
研究対象肉用牛
概要目的:近年、DNAマーカーを用いた育種改良技術の開発が進められているが、経済形質に関与する遺伝子あるいはそれと連鎖するDNAマーカーを特定すれば、対象個体のDNAが採材できた段階で正確な遺伝的能力の判定や遺伝子病の判定が可能となる。そこで、しまね和牛の育種改良に利用可能なDNAマーカーの開発を目的として、島根県有種雄牛の半兄弟家系を用いたQTL解析を行う。また、経済形質に影響を及ぼすと考えられる候補遺伝子について、多様性を調査するとともに、遺伝子多型と経済形質との関連性について解析を行い、DNAマーカーとしての活用を図る。進行状況(結果概要):(1)父方半兄弟家系を用いたQTL解析(i)茂重桜家系〜脂肪交雑について、有意に関与する領域が3か所得られた。(ii)藤桜家系〜染色体レベルで有意水準 5%を超える領域を得た。 (2)経済形質に関与する遺伝子の解析(i)肥育牛(後代検定牛、父方半兄弟家系)の成長ホルモン遺伝子型(GH型)と枝肉成績との関連ロース芯面積・BMS No.において、GH型による差が認められた。(ii)種雄牛の育種価(BMS No.)でもGH型による差が認められた。(iii)枝肉形質に注目して遺伝的要因に基づいた個体のクラス分けを行う際に、GH型タイピングがその手法の一つとして利用可能であることを確認した。
研究分担繁殖技術科
戦略ゲノム等先端
予算区分県単
専門育種
部門
業績(1)黒毛和種牛の成長ホルモン遺伝子多型が枝肉成績に及ぼす影響
(2)ウシ成長ホルモン遺伝子多型が 黒毛和種の枝肉形質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100024
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat