家畜ふん尿連年施用農地における省力的自給飼料増産技術の体系化

家畜ふん尿連年施用農地における省力的自給飼料増産技術の体系化

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間H13〜15
年度2003
研究対象共通
概要 本県における主要な秋冬飼料作物であるイタリアンライグラスと近年新たに育種開発された飼料用稲専用品種の年2作体系の確立について検討した。ワグネルポットによる栽培試験の結果、飼料用稲専用品種の生育に対するイタリアンライグラス残根の影響は少ないと考えられた。省力的なイタリアンライグラスの播種方法である立毛播種における播種量(3、6kg/10a)、播種時期(稲収穫前後)を検討したところ、稲収穫前で、3kg/10aの方がイタリアンライグラスの草丈が有意に高く、雑草が見られなかった。
研究分担大家畜部
戦略畜産
予算区分県単・委託
専門土壌肥料
部門草地飼料作
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100078
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat