省エネルギー型イチゴ多収栽培技術の確立

省エネルギー型イチゴ多収栽培技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2003
研究対象イチゴ
概要目的:山口型高設栽培システムに適応可能な低コスト移動式ベンチを開発し、超密植栽培による省力、省エネルギー型高収益栽培技術を確立期待される成果:高設栽培システム導入コスト及びランニングコストの低減が図られ、生産拡大と担い手確保に寄与得られた成果:移動式ベンチのプロトタイプを作成し、作業性、収量性、ランニングコストを調査中 その他:産学公の連携で研究推進
研究分担栽培技術部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat