たまねぎ等の搬出作業改善に向けた省力機械化体系の確立

たまねぎ等の搬出作業改善に向けた省力機械化体系の確立

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜17
年度2003
研究対象露地野菜
概要目的:ほ場からの搬出作業の省力化による、機械化一貫体系の確立 期待される成果:コンテナ詰めから搬出作業までの省力機械化による、栽培期間全般の省力化及び産地の維持・活性化 得られた成果:機械化に適応した栽培様式の確立。拾上げ機等機械の改良。大型パレットコンテナの開発・改良等による搬出、貯蔵作業の効率化。その他:1ha規模の実証圃を設置し、次年度に機械の改良効果、労働軽減効果を検証予定
研究分担企画情報室、栽培技術部
戦略土地利用型、園芸、農業機械開発改良
予算区分国庫補助
専門農業機械
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat