果樹病害虫の発生生態の解明と防除対策の確立

果樹病害虫の発生生態の解明と防除対策の確立

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術センター果樹研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H13〜19
年度2003
研究対象共通
概要 高品質果実の安定生産が求められているなか、栽培体系や周辺環境の変化、近年の異常気象の影響などから、これまで顕在化していなかった病害虫の発生が問題化し、果樹栽培の大きな障害となっている。これら病害虫の発生生態を解明し、防除対策を確立する必要がある。 現在、ユズの幹腐病、ハウスミカンのアザミウマ類、ナシの枝幹病害虫(萎縮病、ボクトウガ等)について、そのための調査や防除試験に取り組んでいる。
研究分担病害虫
戦略園芸
予算区分国庫補助、県単
専門病害、虫害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100340
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat