農産物残さの資源化・循環利用技術の開発

農産物残さの資源化・循環利用技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
研究対象レタス
概要 環境への負荷を少なくした自然循環機能を維持増進させるため、農業生産現場で発生する麦わら、もみ殻、野菜残さなど、焼却や放棄されているものを有機性資源として、たい肥化し、循環利用する技術の開発を行った。生ゴミ処理機に予め籾殻を入れておくとレタス残さの連続投入が可能となり、効率よく減量化が図れた。処理期間中にレタス菌核病等の病原菌は死滅し、残留農薬は検出限界以下に減少した。
研究分担土壌肥料、病害虫、環境保全
戦略園芸、環境
予算区分県単
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100421
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat