9 施設野菜養液土耕栽培技術確立試験(1) ハウスナス養液土耕栽培技術の確立  2) 施肥量の検討

9 施設野菜養液土耕栽培技術確立試験(1) ハウスナス養液土耕栽培技術の確立  2) 施肥量の検討

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜16
年度2003
研究対象ナス
概要 ハウスナス、アスパラガスは、産地拡大が期待される品目であるが、増収をねらった多肥栽培が行われる傾向があるうえ、長期間施設を使う栽培であるため、土壌中に過剰な肥料成分が蓄積しやすくなり、このことが生育不良、病害の発生など安定生産を阻害する大きな要因となっている。そこで、作物の生育状況に合わせ、こまめに必要な量の施肥潅水を行う養液土耕方式により、省力高品質安定生産技術、環境負荷の少ない肥培管理技術を確立する。
研究分担栽培開発室
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理、土壌肥料、環境
部門農業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100518
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat