15 循環型養液栽培技術確立(3) バラの品質保持技術の開発  1) 環境負荷の少ない輸送方法の検討

15 循環型養液栽培技術確立(3) バラの品質保持技術の開発  1) 環境負荷の少ない輸送方法の検討

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜15
年度2003
研究対象バラ
概要 養液栽培は、生産性の向上や連作障害の回避が可能な技術として栽培面積が増えているが、環境問題が大きくクローズアップされる中で、環境負荷が少なく、安価なシステムの開発が新たに望まれている。そこで、廃棄量が少ない養液管理方法や使用後に容易に分解する培地等による新方式を開発するとともに、産地定着のための条件解析、安定生産のための生育障害診断や鮮度保持技術を検討する。
研究分担経営流通室、栽培開発室
戦略園芸
予算区分特定
専門流通
部門農業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100545
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat