優良体外受精卵作出技術試験

優良体外受精卵作出技術試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜15
年度2003
研究対象肉用牛
概要  経膣採卵技術を活用した効率的な体外受精胚作出技術体系の確立及び作出した胚の実用性を明らかとすることを目的とし、ホルモン剤または物理的な方法による卵巣動態コントロールが、採取卵子数に及ぼす影響及び作出した体外受精胚の受胎性について調査した。 物理的な方法による卵巣動態のコントロール区においては、採取卵子数の増加には至らなかったものの、卵巣に存在する小中卵胞数を増加させる傾向が認められたことを考慮すると、野外において経膣採卵を実施する場合、有効な前処理技術となるものと考えられる。しかしながら、ホルモン剤(GnRH製剤)による方法は、小中卵胞数の増加も認められず、かつ、その後の体外発育能も対照区と比較しやや低かったことを考慮すると、野外においての前処理技術としては不適当であると考えられる。  体外受精率は、使用する凍結精液間の格差が大きいため、経膣採卵由来卵子の体外受精に使用する前に、受精率検査を実施しておく必要があると思われる。
研究分担経営室
戦略畜産
予算区分県単
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat