放飼養鶏技術開発試験

放飼養鶏技術開発試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県養鶏試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
研究対象
概要放飼養鶏は、中山間地での複合経営の一作目として期待されている。しかし、既存の放飼養鶏技術では、斉一な鶏卵を安定的に生産することが難しく、普及定着を阻害している。また生産された鶏卵の安全性の問題もある。このため、生産性の向上と併せ安全性を加味した飼養方式を開発し、多様化する消費者ニーズに適応する放飼養鶏技術を確立する。愛媛ロードとネラ種を使った試験では、産卵率は、産卵開始時には両種ともケージ飼いの方が良かったが、40週齢以降は差が無かった。また放飼区では、夏季の産卵率の低下は認められなかった。卵質検査では、両区及び鶏種による差は認められなかった。
研究分担試験研究班
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
業績(1)放飼養鶏技術開発試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat