施設メロンにおける環境保全型栽培・病害虫管理システムの開発

施設メロンにおける環境保全型栽培・病害虫管理システムの開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
研究対象メロン
概要目的:化学合成農薬や肥料を削減し、環境負荷の少ない農業技術を確立するため、施設メロンを対象に防根透水シートを活用した簡易隔離床栽培に物理的、生物的防除法を組合せることにより、病害虫管理と効率的施肥技術の体系化を図る。 計画:(1)養水分管理技術の検討(H13〜14)(2)総合的病害虫管理技術の検討(H13〜14) (3)栽培管理システムの体系化(H15) 期待される効果:減農薬、減肥、省力化が可能となり、施設メロンの生産安定に寄与できる。県の認証制度の5割減農産物として有利販売につながる。 成果の受け渡し先:県内園芸地域
研究分担環境システム開発室
戦略環境
予算区分県単
専門栽培生理、病害虫害
部門野菜
業績(1)Bacillus subtilis(SB-910)によるメロンうどんこ病の生物防除(講要)
(2)ストロビルリン系薬剤耐性ウリ類うどんこ病菌の出現
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat