夏秋トマトの新作型による多収技術の確立

夏秋トマトの新作型による多収技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間止H14〜15
年度2003
研究対象トマト
概要目的:夏秋トマト栽培において、梅雨期や盛夏期を克服し、9〜11月の高単価時に収穫できる栽培作型を開発するため、低段密植栽培による2作型と夏期の高温抑制技術について検討する。 計画:(1)低段密植による2作型の開発(H14〜15) (2)新作型における栽培方法(栽植密度等)の検討(H14〜15) (3)新作型における好適栽培条件(高温対策)の検討(H14〜15)期待される効果:生産技術の確立による収量6.6〜8.8t/10a(2作合計)の実現 成果の受け渡し先:県内中山間地域 
研究分担山間試験部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100730
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat