露地ショウガにおけるアワノメイガの総合的防除技術の確立

露地ショウガにおけるアワノメイガの総合的防除技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
研究対象ショウガ
概要目的:露地ショウガの重要害虫であり、収量、品質への影響の大きいアワノメイガについて、発生予察法及び有効薬剤の探索、防蛾灯による物理的防除法、性フェロモン等による生物的防除法を検討し、総合的防除技術を確立する。計画: (1)発生予察法の確立(H13〜15)(2)有効薬剤の探索(H13〜14)(3)生物的防除法の検討(H13〜15)(4)物理的防除法の検討(H13〜14) (5)各種防除技術を組み合わせた防除実証試験(H15)期待される効果:農薬散布回数の削減による省力化、環境保全型農業の推進に寄与できる。 成果の受け渡し先:県内露地ショウガ栽培地域
研究分担昆虫科
戦略環境
予算区分県単
専門虫害
部門野菜
業績(1)露地ショウガにおけるアワノメイガの防除(講要)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100746
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat