臭化メチル代替薬剤の省力的処理技術の確立

臭化メチル代替薬剤の省力的処理技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜16
年度2003
研究対象共通
概要目的:農業技術センターにおいて有効性が確認された臭化メチル代替薬剤について、人体に影響が少なく、薬剤効果の高い処理装置を開発するため、液剤については、畝立て後に被覆フィルム内を走行し、均一に散布できる装置、錠剤については、畝面に均一に処理できる装置を開発する。 計画: (1)カーバムナトリウム塩液剤処理装置の開発(H15〜16) (2)クロルピクリン錠剤処理装置の開発(H15)(3)実証試験(H16) 期待される効果:臭化メチル代替剤による防除技術の普及拡大成果の受け渡し先:県内園芸地域
研究分担園芸システム科
戦略環境
予算区分県単
専門農業機械
部門野菜、花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100752
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat