非破壊測定による農産物の品質評価技術の開発

非破壊測定による農産物の品質評価技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象トマト、ナシ、ブンタン
概要目的:本県特産の高糖度トマト、新高ナシ、土佐ブンタンは、糖度や酸度および肉質等の内容品質を農家の経験や外観品質をもとに評価しているが、品質較差が大きく市場評価を低下させる一因となっている。そこで、非破壊で内容品質を測定できる簡易測定装置を開発し、迅速で高精度の品質評価技術を確立する。 計画:(1)非破壊測定法の検討(近赤外線他)(H12〜15) (2)既存装置の適応性の検討又は開発(H12〜15)(3)現地実証(H15) 期待される効果:農家間の品質格差の解消、障害果の選別等により、市場評価の向上につながる。成果の受け渡し先:県内トマト、ナシ、ブンタン栽培地域
研究分担園芸システム科
戦略園芸
予算区分県単
専門農業機械
部門野菜、果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100753
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat