13.ブランド果樹新品種の育成と選定 (4)かき・ナシの早生〜中生系優良品種・系統の選抜

13.ブランド果樹新品種の育成と選定 (4)かき・ナシの早生〜中生系優良品種・系統の選抜

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題一覧
研究期間継S53〜
年度2003
研究対象カキ・ナシ
概要 カキの新品種について、特性を調査し県内適応性を検討した。その結果早生種の「早秋」と「甘秋」が食味で優れたが、汚損果が発生し外観上での課題が残された。10月中下旬に成熟する「太秋」は大果で食味が優れていたが汚損が発生した。ナシの県外で育成された7品種について、特性調査とともに県内適応性を検討した。早生種では「なつあかり」「あきあかり」の糖度が高かったがそれぞれ、果実が小さい、条溝が発生するなど短所も見られた。中生種の「あきづき」、晩生種の「王秋」は果実の大きさ、品質ともに優れていた。 
研究分担果樹部
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100860
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat