53.イチゴ新品種、新系統の適応性試験  (1)筑後地域における「あまおう」の安定生産技術の確立

53.イチゴ新品種、新系統の適応性試験  (1)筑後地域における「あまおう」の安定生産技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題一覧
研究期間完H15
年度2003
研究対象イチゴ
概要目的:新品種「あまおう」の筑後重粘土地帯における安定生産技術を確立する。 期待される成果:収量向上による農家の経営安定が図られる。 得られた成果:10a当たりの基肥窒素量は、早期作型で8kg、普通期で12kgが適当である。早期作型では収量は高いが、食味等品質面で問題がある。9月10日植以降の作型の組み合わせが望ましい。成果の受け渡し先:普及センター、JA、農家
研究分担筑後分場
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat