77.集合フェロモン等を利用した果樹カメムシ類の総合防除技術の確立 (2)総合防除現地実証試験

77.集合フェロモン等を利用した果樹カメムシ類の総合防除技術の確立 (2)総合防除現地実証試験

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題一覧
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象カキ
概要Beauveria bassiana菌培養不織布を立木に設置し、果樹カメムシ類を感染死亡させる効果を検討した。本年供試したF-237株は、従来のE-9102株に比べて効果が劣った。立木の樹種はヒノキやサクラなど枝葉は疎らなものよりもキンモクセイなど枝葉が密な樹種で死虫率が高かった。コンテナ植のナスにアドマイヤー1粒剤を処理し、集合フェロモンを取り付けた誘殺装置でカキ園地域の周囲を囲んだところ、試験区ではカメムシ被害が多い傾向があった。誘殺装置の設置がカメムシの加害に影響を及ぼしている可能性が示唆された。誘殺装置のナスに処理するアドマイヤー1粒剤の効果は、地植ナスよりもコンテナ植ナスが高く、残効も長かった。
研究分担病害虫部
戦略園芸
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030100969
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat