バイテク手法による優良種苗の大量増殖法の開発

バイテク手法による優良種苗の大量増殖法の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜
年度2003
研究対象ホオズキ・なし
概要目的・背景:ホオズキは、花き類の中でも数少ない系統出荷品目で、県内でも栽培面積も年々伸びてきている。しかし、繁殖は株分けで行われており、繁殖用の株も遺伝的に均一でないところから花形や着花性にばらつきがみられ、遺伝的に安定した種苗の供給が必要である。ナシの栽培地が施設化、省力化で平坦部へ移行してきているが水田転換園が多く、園地の排水が不良で湿害が発生し、樹勢が低下して収量が減少している。また、紋羽病が発生し、ナシ樹が衰弱枯死する園が増加しているため、耐湿性のある台木の供給が望まれる。 期待される効果:1.遺伝的に均一な苗を供給できるようになり、品質が一定した切り花の生産が可能となる。2.樹勢の快復により収量の増加が図られ、紋羽病の発生を抑えられる。
研究分担花き・果樹育種
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門果樹・花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101126
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat