花き栽培における土壌及び植物体養分のリアルタイム簡易診断技術の確立

花き栽培における土壌及び植物体養分のリアルタイム簡易診断技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜16
年度2003
研究対象キク、カーネーション
概要目的・背景:現在、切り花栽培農家においては、現行の地床栽培に加えて、灌水同時施肥栽培等各種栽培法のシステムが業者主導で導入されているが、それに伴う土壌養分や植物栄養面で診断技術と施肥対応のノウハウはまだ確立できていない。また、花きの施肥に対する生育反応は早いことから、土壌養分や植物体中の栄養状態の把握を迅速に行い、リアルタイムに対応することが必要であり、農家段階でも簡易に診断できる手法の開発と施肥対応技術の確立が必要である。 期待される効果:1.簡易機器、安価な資材を用いて、農家段階でも土壌養分や作物の栄養診断が可能となり、診断指標を基に迅速な施肥管理の対応ができるようになる。2.必要以上の余分な施肥が無くなり、生産コストの低減及び環境に優しい施肥管理へ移行できる。3.花き生産技術の高位平準化につながり、本県花きの生産安定に寄与できる。
研究分担土壌・肥料
戦略園芸
予算区分国庫補助
専門土壌肥料
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101143
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat