1.野菜の高品質・安定多収品種の開発(1)野菜の系統適応性検定 1)メロンの系統適応性検定

1.野菜の高品質・安定多収品種の開発(1)野菜の系統適応性検定 1)メロンの系統適応性検定

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜15
年度2003
研究対象メロン
概要 農業技術研究機構・野菜茶業研究所育成のメロンについて、本県への適応性が明らかになる。「久愛交1号」について、「雅早春晩秋系」を対照品種として半促成作型で試験を実施した。「久愛交1号」の草姿は対照品種に比べコンパクトで、両性花の着生や着果性に問題はなかった。うどんこ病に対しては対照品種に比べ明らかに強かった。果実の外観品質は優れたが、肥大性、日持性は対照品種に比べ劣っており、普及性はないと判断した。
研究分担野菜研究室
戦略園芸
予算区分受託
専門育種
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101368
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat