小輪系アスターの周年生産技術

小輪系アスターの周年生産技術

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜15
年度2003
研究対象アスター
概要小輪系アスターはアレンジ等に適し、周年の需要が期待されるが、病害発生により連作が困難なこと、および高温期の育苗や低温短日期の茎の伸長等に問題があるので、土壌消毒法や高温期の育苗法、温度、日長処理による開花調節について検討し、隔離床栽培での土壌消毒の効果が高いこと、小輪系アスターは従来型の品種に比べ、発芽適温が低く、15〜20℃であるり、夏季の高温時には15〜20℃で催芽すると育苗効率が高まることなどが明らかになった。
研究分担花き研究室
戦略園芸
予算区分県単
専門花き
部門栽培生理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat