赤かび病による麦の毒素汚染防止技術の確立

赤かび病による麦の毒素汚染防止技術の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H15〜17
年度2003
研究対象小麦
概要 赤かび病被害の程度と毒素生成及び農薬の効果を明らかにすることによりデオキシニバレノール基準に対応した生産現場での判断基準を確立することを目的として、簡易測定法であるELISA法について検討した結果、機器分析法値と高い相関が認められ、酵素免疫測定法であるELISA法の有効性が確認された。また、赤かび病の被害度とデオキシニバレノール量との相関は認められなかった。篩別や比重選別等による被害粒の除去はデオキシニバレノールの含量を十分に低下させることができず、選別のみでの基準値の達成は困難であった。今後は、収穫後の温度変化とデオキシニバレノール量との関係や選別方法の検討を行う予定である。
研究分担環境保全研
戦略食品
予算区分県単
専門病害虫
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat