平地及び中間農業地域における牧草地の造成と有効利用技術

平地及び中間農業地域における牧草地の造成と有効利用技術

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H10〜16
年度2003
研究対象飼料作物
概要本県の平地及び中山間地域における粗飼料は、ほとんどが乾草又はサイレージ利用で、作業機の大型化、多様化等によって投下資本が増加し、必ずしも低コストとなっていない状況にある。 最近、平坦地域においても放牧利用が見直され、いくつかの事例が散見されるようになったが、農家段階では草種の選定や造成方法等については模索状態にあるのが現状である。 一方、県内の耕作放棄地は、95年には4,300haに達し、これを農業生産に活用することが緊要な課題となっている。 このため、水田裏や耕作放棄地等を活用した平地及び中山間地域における放牧用草地の造成法とその有効利用について検討し、肉用牛を中心とした放牧利用技術を確立する。
研究分担飼料生産利用
戦略畜産
予算区分県単
専門栽培
部門飼料作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101438
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat