ET普及のための技術高度化

ET普及のための技術高度化

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H6〜
年度2003
研究対象肉用牛
概要牛の受精卵移植における受胎率向上を図るため、新たに開発された技術について生産現場への利用の可能性を検討する。(1) 性判別操作に伴う受胎率の向上(H6〜継続) 牛の受精卵の一部をサンプリングし、PCR処理後にXYセレクターで性判別する技術の安定向上を図るため、判定率、保存方法別受胎率を検討する。(2) 栄養膜小胞同時移植による受胎率の向上(H12〜H14) 受精卵移植を行う際、別途作成した栄養膜小胞を同時に移植することにより、受胎率が向上することが知られている。この技術について、利用の可能性を検討する。
研究分担生産技術開発部
戦略畜産
予算区分県単
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101443
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat