促成トマトの生産安定技術の確立及び省力化

促成トマトの生産安定技術の確立及び省力化

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
研究対象トマト
概要 トマト栽培は、春メロンの価格低迷、大型選果場新設などの面から、主となる抑制栽培に加え促成栽培も増加しつつある。促成栽培では、寡日照時の受光体勢不良や4月以降の急激な高温での障害果の発生等が大きな問題となっている。そのため冬季の草勢維持のための台木品種と穂木の組み合わせ作業能率が良く、高品質なトマトが生産できる誘引法を検討する。
研究分担い業研・作付体系
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101473
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat