6 農作物の品種選定と実用化 (1)普通作物奨励品種選定と実用化 (ii)水稲奨励品種選定

6 農作物の品種選定と実用化 (1)普通作物奨励品種選定と実用化 (ii)水稲奨励品種選定

県名大分県
研究機関名大分県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S41〜
年度2003
研究対象水稲
概要目的:(独法)農業技術研究機構及び指定試験地育成の水稲の有望系統の本県での地域適応性を検討し、奨励品種を選定する。得られた成果:(宇佐)早期:6品種系統を供試し、収穫期が「ハナエチゼン」より5日早い「越南194号」継続とした。普通期:27品種系統を供試し、早生良食味で穂いもちに強いことから県単育成系統「大分11号」と新たに「大分12号」を有望視した。晩生系統では多収、良食味である「西海248号」継続とした。 (久住試験地)予備検定に27系統を供試し、13系統を継続検討とし14系統を中止、打ち切りとした。生産力検定には、5系統を供試し、「越南192号」「大分11号」を有望と判定し、極早生の「スノーパール」「ミルキープリンセス」「奥羽371号」を打ち切りとした。成果の取扱:奨励品種決定審査会の資料
研究分担水田利用部
戦略土地利用型農業
予算区分国庫補助(農水)
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101551
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat