5 中山間地域における新作物の選定と省力・軽労化技術開発 (2)ゴーヤ(ニガウリ)の生産安定技術の確立

5 中山間地域における新作物の選定と省力・軽労化技術開発 (2)ゴーヤ(ニガウリ)の生産安定技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜17
年度2003
研究対象ニガウリ
概要ゴーヤはビタミンC含量がレモンの4倍と高く健康野菜として注目を集め需要も拡大している。大野地区を中心に栽培面積が増加しているものの、品種及び栽培方法が確立していないため、品種及び省力・安定栽培技術を確立する。これまで」に得られた成果は(1)品種は大野系(14年)、杵築系(15年)が有望であった。かった。(2)仕立て本数は3本仕立てが優れた。(3)整枝法は主枝に着果させる側枝3節摘心法が優れた。近年産地では急速に収量性、品質に優れるF1品種に変わっており、16年度は有望なF1品種、最適な整枝法と施肥技術を明らかにし産地に普及する。
研究分担畑地利用部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat