5 高温期の生産安定及び新たなる需要創出に対応した花き類の新品種育成

5 高温期の生産安定及び新たなる需要創出に対応した花き類の新品種育成

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜
年度2003
研究対象キク,ユリ
概要1.試験研究の概要 ・キクでは本県の夏場の高温条件下でも正常に開花し,電照抑制栽培が可能な夏秋スプレーギク,低温開花性に優れ新奇性に富む秋スプレーギク,および低コスト生産が可能な無側枝性輪ギクの優良品種を育成する。・テッポウユリでは本県で育成選抜されている優良系統について,さらに品種化を検討し育成品種の特性を最大限に発揮できる栽培法や作型の開発を行う。
研究分担花き部
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101889
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat