37 奄美戦略野菜の生産拡大新技術の開発

37 奄美戦略野菜の生産拡大新技術の開発

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2003
研究対象トマト,ニガウリ,カボチャ
概要 奄美地域はウリミバエの根絶後,冬期の温暖性を生かした野菜生産を行っており,リレー出荷における先発産地として,鹿児島県野菜のイメージを決定する重要な立場にある。しかし,冬期の寡日照や季節風,夏秋期の高温や台風,また,生理障害,病害虫の発生等,生産の不安定要因が多い現状もある。近年,奄美の気象条件を生かした新規有望品目及び,生産拡大品目としてニガウリ,ミニカボチャ,カボチャ(大玉),トマトの導入が進められているが,今後,奄美地域における野菜の飛躍的生産拡大を図るために,こららの品目の的品種選定,省力的整枝・誘引法,着果安定等の先進的技術を開発し,生産拡大及び地域特産野菜としての定着化を図る。
研究分担徳之島支場野菜花き研
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030101933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat