受胎率向上のための受精卵の凍結・融解方法の検討

受胎率向上のための受精卵の凍結・融解方法の検討

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県畜産試験場(鹿児島県肉用牛改良研究所)
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
研究対象肉用牛
概要目的:牛凍結受精卵の直接移植による受胎率向上計画:エチレングリコールを耐凍剤とし,糖類の添加効果を検討する期待される成果:簡易な直接移植法により受胎率を向上させる得られた成果:糖類ではシュークロース添加が有効であった成果の受渡し:来年度さらに詳細に検討し,実用化する残された問題点:技術者による受胎成績の差がみられるため,技術の平準化のための伝達研修を実施する必要がある
研究分担新技術開発研究室
戦略畜産
予算区分国庫補助
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat