牛の受精卵移植技術簡易化試験

牛の受精卵移植技術簡易化試験

県名沖縄県
研究機関名沖縄県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H6〜16
年度2003
研究対象肉用牛
概要 受精卵移植を成功させるためには供卵牛での採卵技術、受精卵の品質や凍結保存技術、さらに受卵牛側の繁殖条件、移植適期等、多岐にわたり、煩雑化している。これら煩雑化した技術の簡易化と安定化を図ることで、コストの低減や受胎率の向上を図る。今回は、栄養膜小胞の凍結保存技術の開発と受精卵との共移植による受胎率向上技術を確立する。
研究分担バイオ研究室
戦略畜産
予算区分県単
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102210
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat