豚に浸潤するレプトスピラの血清型に関する調査研究

豚に浸潤するレプトスピラの血清型に関する調査研究

県名沖縄県
研究機関名沖縄県家畜衛生試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2003
研究対象
概要 豚のレプトスピラ症は妊娠豚での繁殖障害、子豚での黄疸、発熱等の障害を引き起こし、県内では多くの市町村、農家において豚のレプトスピラ症が疑われている。異常産胎児臓器から顕微鏡にて菌体が確認されたにもかかわらず、血清学的検査にて概知の血清に反応しない、分離培養不能など未確認血清型の浸潤が考えられるため解明が要求されている。レプトスピラは、人畜共通感染症の起因菌であり、ヒトでの感染例が散見され公衆衛生上問題視されている。研究内容1.標準株(15血清型)からの抗血清作製 2.臓器及び尿からのレプトスピラの分離 3.菌体からのMAT法による血清型別試験4.血清からのMAT法による血清型別試験5.レプトスピラの遺伝子学的診断法の確立
研究分担細菌担当
戦略畜産
予算区分県単
専門家畜衛生
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102246
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat