10.森林資源の質の向上と充実を図る技術の開発(1)天然林の育成技術の開発 1) シナノキ類の更新技術の開発

10.森林資源の質の向上と充実を図る技術の開発(1)天然林の育成技術の開発 1) シナノキ類の更新技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題一覧
研究期間完H12〜15
年度2003
概要道内のシナノキ類(シナノキ、オオバボダイジュ)は、カンバ類やナラ類に次いで蓄積量が多く、合板生産における主要樹種である。しかし、これまでシナノキ類の造林は行われておらず、原木生産は天然資源に完全に依存している。そのため、天然林におけるシナノキ類の資源量は減少しており、将来の資源不足が危惧される。シナノキ類の更新に関しては、天然更新の実態は明らかとなっておらず、育苗、植栽技術についても未解明な部分が多く、種苗生産もほとんど行われていない。そこで、シナノキ類について、天然更新実態の把握および種子生産に関する調査、種苗生産技術を開発することにより、資源の保全および増殖に寄与する。
研究分担育林科
戦略森林・林業・木材産業
予算区分道単
部門植物生態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat