地域資源を活用した循環社会対応型集成材の開発

 地域資源を活用した循環社会対応型集成材の開発

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象コナラ等広葉樹
概要 県内にはスギ等の針葉樹、コナラ等の広葉樹の蓄積が増大し、需要拡大が求められている。このため、需要の大きな梁桁について集成材化などによる付加価値、信頼性の高い建築材料の提供が効果的である。しかし、構造用集成材はレゾルシノール接着剤が使用されてリユース・リサイクル時の問題が多い。このため製品段階からこれらを考慮した環境に優しい集成材の製造方法を開発する。生分解性接着剤を使用した構造用集成材の性能は、曲げ試験、接着剪断試験のJAS基準を満たしたが、剥離試験の基準には満たなかった。接着剤の生分解性については、集成ブロックの埋設試験の結果、生分解度が高い接着剤の集成ブロックほど重量減少率も高いことが認められた。
研究分担技術開発部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分国庫補助
専門木材加工
部門木材加工
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102907
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat