森林獣類による被害調査と個体数センサス法の確立

森林獣類による被害調査と個体数センサス法の確立

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター林業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
概要 三重県では、ニホンザルによる農林産物被害が深刻化し、山村住民の生活を脅かす重大な社会問題になっている。一方、被害軽減を目的として駆除されるサルは年間数百頭に上り、サルの保護管理上の問題点を指摘する声も高まり、駆除に頼らない防除技術の確立が強く望まれている。そこで、市販の農漁業用資材を利用し、老人や婦女子でも簡易に設置できる猿害防止柵を作成し、現地適応化試験を実施した。さらに、加害群に電波発信機を装着し、恒常的な被害を受けている集落において、電波受信基地を設置し、地域住民主導のサル追い払いを支援した。「サルに強い集落」のモデル地区づくりを行うため、地域住民に対する普及活動を行った。
研究分担林業研究部研究グループ
戦略森林・林業・木材産業
予算区分国庫補助
専門森林生物
部門 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030102917
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat