利用間伐のための機械化作業計画の作成と生産コスト予測手法の確立

利用間伐のための機械化作業計画の作成と生産コスト予測手法の確立

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題一覧
研究期間H14〜18
年度2003
概要目的:間伐など森林作業の低コスト・効率化を図るために本県の地形など環境条件に適合した機械化作業システムを確立する。進行状況:(1)県下各地の高性能林業機械が導入されている地域で時間観測などの行程調査を実施し、効率化を図るための要因を明らかにした。(2)利用間伐を実施した地域での事業経費調査を実施した。目標に対する進捗割合(%):(1) 80%(2) 50%今後解決すべき問題:これまでの成果はその地域での一事例であり、解析結果を森林GISなどを活用し広く現場に適合できるようにする必要がある。
研究分担森林林業育成グループ
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門植物生態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat