緑化樹等の樹木病害に対する防除薬剤の効率的適用化に関する研究

緑化樹等の樹木病害に対する防除薬剤の効率的適用化に関する研究

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題一覧
研究期間継H15〜19
年度2003
概要目的:緑化木などの樹木病害防除に使用できる農薬は、一般の農作物に比較して需要が少ないため農薬取締法に基づいて登録された薬剤が非常に少ない。安全な薬剤防除を行いあるいは適正な指導を行うためには、複数の公的機関において登録に必要な試験データを収集して農薬登録を取る必要がある。そこで、重要な樹木病害を対象に各県が協力して薬効・薬害試験を行い登録に必要な試験データを効率的に得ることを目的とする また、防除に必要な知見が乏しい病害群については、病原菌の生態などの基礎的な研究も行い防除に活かす。進行状況:平成15年度は、1病害、1樹種、4農薬試験を行い、3薬剤に薬効を認めた。また、その他の薬効・薬害試験の準備を行った。 薬効・薬害試験については計画どおり行えた。また、輪紋葉枯病については防除に活かせる新知見も得られ、初年度であったが研究は発展した。目標に対する進捗割合(%):30%今後解決すべき問題:薬効・薬害試験を行うため、対象樹種について計画的に病害を発生させる必要がある。
研究分担森林保護グループ
戦略森林・林業・木材産業
予算区分国委託(公募)
専門森林生物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103076
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat