中山間地域における森林バイオマス資源の有効利用技術

中山間地域における森林バイオマス資源の有効利用技術

県名高知県
研究機関名高知県工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H15〜20
年度2003
概要目的:森林面積率が84%と全国一の森林県の本県にとって、木質バイオマスは自給資源であり、将来、化石燃料の枯渇化を想定すると有効なエネルギー資源となる。また、地球温暖化の要因であるCO2増加の抑制を期待できる点からも有用な資源である。そこで、本研究では、木質バイオマスを県の基幹産業である施設園芸の代替燃料として単にエネルギー化するだけでなく、原材料を低コストで安定的に供給できるシステムの確立も含め、環境に対する負荷低減型の循環型社会づくりモデルとして実証実験を行う。なお、本研究は、平成15年度NEDOバイオマス等未活用エネルギー調査事業及び平成16年度同実証試験事業に提案し、高知県立森林技術センター、高知県農業技術センターとのプロジェクト研究として実施する。成果:平成15年度NEDOバイオマス等未活用エネルギー調査事業を実施した結果、チップを安定して供給するためには、含水率を低く、形状は切削チップの方が良いことが分かった。チップの乾燥方法については、熱を加えるだけでは乾燥しにくく、チップに風を当てることが必要であることが分かった。燃焼については、二次空気量が燃焼温度に大きく影響を及ぼすことが分かった。(H15)計画:1)木質バイオマスに適合したハウス加温システムの設計及び実証実験(H16〜20)○チップボイラーによるハウス加温実証実験○チップ乾燥システムの開発○温度管理システムの開発○チップボイラーの低コスト化2)加温システムのエネルギー及びコスト比較評価(H16〜20)○ランニングコスト解析○LCA解析
研究分担生産情報部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分受託(独立行政法人)
部門木材化学
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat