土木用木質資材の性能に関する研究

土木用木質資材の性能に関する研究

県名熊本県
研究機関名熊本県林業研究指導所
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜15
年度2003
概要目的:木質材料を野外で使用する場合、使用環境の影響を受けやすく、耐久性の面から、適切な設置・管理を必要とする。今後、多くの分野での需要拡大を図るために、既存の木質資材の利用実態を把握し、特性データの収集分析を行い、施工現場で必要としている耐久性に関する具体的な資料を提示するとともに、木質資材利用に伴う適切な施工管理方法等の提案を実施する。成果:一般に、ピロディンの打ち込み深さが30mm以上の割合が多くなるとその部材は劣化が激しいと判断されるが、施工後2年では大きく劣化が進行する傾向は見られなかった。しかし、調査25箇所中2箇所では、既に40mmを超える値も見られ、設置箇所によって劣化の進行に違いが出始めている。 今後も、経過年数の多い調査地を増やし、木柵資材の耐用年数について検討が必要。
研究分担林産加工部
戦略木材産業
予算区分県単
専門林業
部門木材加工
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103315
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat