木材利用部門における炭素貯蔵量評価モデルの開発

木材利用部門における炭素貯蔵量評価モデルの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県木材利用技術センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間H14〜16
年度2003
概要京都議定書吸収源としての森林機能評価に関する研究の一環として実施するもので、各種木材炭素評価手法による我が国の木材炭素貯蔵効果のシュミレーションモデルにおいて、各種木材製品の寿命解析によって将来予測を行うとともに、木質バイオマスエネルギーとしての化石代替効果を評価する。
研究分担企画管理
戦略森林・林業 ・木材産業
予算区分受託
専門林業
部門林業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103352
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat